下鴨神社など上質な京都の結婚式をトータルコーディネート

おこしやすブログ

  1. ホーム
  2. おこしやすブログ
  3. 2021年8月一覧

2021.08.23お客様との打合せ
作戦会議の重要性

562.jpg皆さん、こんにちは。
コンシェルジュPです。

さて、最近お客様におススメしているのが"作戦会議"
変な名前ですがまさしく作戦会議です。

まずは一度お伺いしてお客様のご要望をしっかりとお聞かせいただいて、
いろいろとご提案させていただいたりして会場見学の場所を決めたり。

なにしろ毎回同じことことをいいますが、
WEBやパンフだけではなかなかわかりません。
というか、料亭さんの多くはパンフレットさえもないので(汗)

なのでぜひ一度お時間をいただければと思います。
全体像を整理して、無駄のない式場見学をしていただければと思います。
例)せっかく見学に行っても(イス席希望なのに)お座敷しかないとか

今年は例年になく秋の結婚式が集中しおります。が早いです。
10月~12月2週目まで。
もちろん春のお式も意外な日が可能です。
まずはお気軽にお問合せ下さい。

ご家族婚、ご親族婚には絶対の自信あり!
披露宴もアットホームな披露宴をご提案いたします!

お忙しくて京都までお越しいただけない場合は、
こちらから出張いたします。

まずは私たちに90分お時間をください。
どうぞ宜しくお願いいたします。(´・ω・`)

・東京(東京ミッドタウン日比谷)
・大阪(グランフロント大阪)

上記以外は大宮、恵比寿、新宿、原宿、六本木、横浜、三島、豊橋、知立、伊勢、奈良、堺、神戸、広島、松山、鹿児島などにも行きました。

作戦会議は本当に重要です。
決める順序を間違えられるとなかなかお得にならない場合もございます。

まずは一度ご連絡ください。
出来る限りのことはがんばる所存でございます。。。(;・∀・)

▶ おこしやすウェディングとは

▶ 京都の結婚式ご相談会

▶ 出張相談会はこちら

▶ 今月のお知らせ

2021.08.10お衣裳
美しさへのこだわり|チームおこしやす

皆さん、こんにちは。
コンシェルジュPです。

おこしやすウェディングの一番の特長と言えば、
やっぱり「美しき花嫁姿」。
ということで今日はこのあたりをしっかりお伝えしようと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

■ お衣裳選び

"おこしやす"といえば「衣裳」
選べる衣裳が業界トップクラス。
京都を代表する4つの衣裳店の3,000着からお選びいただけます。
結婚式と同じくらい"お衣裳選び"を楽しんで下さい。
(´・ω・)

◎ 白無垢

たかが白無垢、されど白無垢・・・
白無垢って見れば見るほど色々な白無垢があります。
ほとんどの白無垢がプラン内でご利用いただけます。
※一部神社では"神社紋"の入った白無垢もご用意しております。
※神社への持込料が発生する場合でも負担いたしますのご安心ください。

◎ 色打掛

"おこしやす"の衣裳提携店の色打掛は圧巻の一言(笑)。
ほんと、贅沢なまでの品揃えです。
ため息の出るほど豪華絢爛な唐織や友禅の打掛。
これら逸品が10万円からご用意。
当日のお写真撮りなら5万円でご利用いただけます。
おこしやすウェディングはシンプル&安心の定額制。高価な色打掛も安心してお選びいただけます。

◎ ウェディングドレス

ドレスのこだわりはどこにも負けません!
あらゆるブランドがご紹介可能になりました!
最新コレクションの数々をぜひ直接お手にとってご覧ください。
プレミアムブランドのドレスもすべて特別料金でご利用いただけます。

IMG_0013.JPG

※上記写真のモデルは弊社Aちゃん (´・ω・`)

■ 美容着付

"おこしやす"の美容着付のこだわりは半端ではありません!ここまで美容着付にこだわった会社は早々ないかもしれません(汗)

◎ 新日本髪

最近は本当に"新日本髪(地毛結い)"のお客様が増えてきました。
新日本髪は誰でもできるものではなく、技術がとっても重要です。
新日本髪に少しでもご興味のあおりの方は無料で体験できるにぜひお越し下さい。
本格的な文金高島田のご相談も承ります。

084.jpg

◎ 洋髪

新日本髪はもちろんおかつらの場合でもお色直しで洋髪になさるお客様は多いです。
もちろん最初から洋髪のお客様もたくさんいらっしゃいます。
新日本髪やおかつらにはこだわりを持っている当社ですが、洋髪を手を抜いているわけではありません!

洋髪は流行などもあるのでどんな場合でも対応可能なように日々練習と研究の繰り返し。神社での挙式でおかつら、ご祝宴で洋髪など和装二点の場合でしたらこのような組み合わせのお客様も多くおられます。また洋髪用の髪飾りもたくさんご用意しております(先着順です。無料)

0011.jpg

◎ 着付け

脱ぎたくなくなる、心地よい着付を心掛けます。きれいに仕上がるだけの着付ではなく、楽で崩れない着付をさせていただきます。紐の締め方、帯の結び方にもたくさんのノウハウが詰まっています。また花嫁様の負担を減らすためにオリジナルの襦袢を使用いたします。

いかがでしたか?
せっかくの結婚式、美しさにはとことんこだわりたいですよね!・
まずはお気軽にご連絡ください。
※2022年秋までにご予定の方はお急ぎください。

京都の結婚式ガイドブック(京都結婚読本)